テキストエディタ「TRIAL」



当社で開発致しました、テキストエディタ「TRIAL」の概要をご説明致します。

TRIAL

HTMLの作成を支援する、タブ式のテキストエディタです。
標準モードと、HTMLモードの切り替えが可能です。

主な機能として以下のものがあります。

  • 色分けによる、HTML要素のチェック
  • 終了タグの自動挿入
  • リアルタイムでの、HTMLプレビュー
  • HTML要素の自動予測・補完
  • ボタンによる、コメントの挿入・解除
  • 基本的な要素を初期値として配置
  • ショートカットによる簡単モード切替
  • 検索・置換などの基本的機能

本ソフトは現在も作成中です。より使いやすいテキストエディタを目指し、 HTMLの言語以外にも対応・支援を行う機能や、HTMLの構文チェック機能などを 追加予定です。その他、ご意見・ご要望をお待ちしております。

当ソフトは、こちらのページの下部にてダウンロードできます。


本システムの作業画面(HTMLモード時)

テキストエディタ「Trial」サンプル画像


色分けによる、HTML要素のチェック
色分けによる、HTML要素のチェック  要素は、属性はで表示され、誤った要素や属性は、字で表示されます。
終了タグの自動挿入
開始タグを入力後に改行を行うと、自動的に終了タグが挿入されます。
リアルタイムでの、HTMLプレビュー
現在作成しているHTMLの内容(ブラウザでの表示結果)をリアルタイムで見ることが出来ます。(※上記作業画面参照)
HTML要素の自動予測・補完
HTML要素の自動予測・補完  HTML要素の入力時に候補を表示し、同時に補完を行います。
ボタンによる、コメントの挿入・解除
コメント化 ボタンで選択範囲内をコメントアウト、 コメント解除 ボタンでコメント解除を行うことが出来ます。
基本的な要素を初期値として配置
<html>要素や<head>要素など、基本的な必須要素を初期値として表示します。
初期表示例
ショートカットによる簡単モード切替
「Ctrl」キー+「D」キーで標準モード・HTMLモードを簡単に切り替えることが出来ます。

ダウンロード

ダウンロード DownLoad
[trial0401.zip](2.25MB)
動作環境
  • O S : Microsoft Windows 2000 以降
  • 解像度 : 1024×768以上
  • 環 境 : .Net Framework 2.0 以上

ご質問等あれば、お問合せページからご連絡下さい。